メールが送受信できない相談の代表的な原因と対策をまとめました

メールが送受信できない相談の代表的な原因と対策をまとめました

今回は、こんな困っている人向けの内容です。

1、パソコン・スマホで、メールが急に送受信できなくなって困ったことがある人

2、今現在、メールの送受信ができななくて困っている人

メールのトラブルの原因とその対策

自分のパソコンやスマホの側に原因がある場合

  1. そもそもインターネットにつながっていないか、確認して下さい。
    メールではなく、Google Yahoo!などを見て、表示されなければ、メールも使えません。

  2. メールアドレスの入力ミスがないか、確認して下さい。
    見た目で、全角と半角の区別がつきにくいことがあります。
    文字を抜かしていませんか。
    数字の1と小文字のlを間違えていませんか。
    名刺等を見て入力する場合には要注意です。

  3. 送信済みアイテムに入っていますか。
    下書き、送信メールに入ったままのことがあります。
     VPNを使用している場合には、いったん停止しないと送信ができません。

  4. 音が似たメールアドレスにしていませんか。
    wajimaとwazimaなど

  5. メールの設定自体が正しくできていますか。
    自分宛にメールを送ってみると一度に送信と受信の両方の確認ができます。
    添付ファイルが大きすぎていませんか。
    大きな写真は、数枚添付するだけで、容量オーバーのことがあります。
    例えば、Excelに写真をたくさん貼り付けて、見た目を小さく縮小してサイズを小さく見せても、実際には容量が大きいので送れません。

以上が自分の側に問題がある場合の代表的な事例です。

次は、自分以外に原因があって送信先にメールが届かない場合です。

  1. メールの送信者が、自分のメールアドレスを間違えて入力している場合
    相手からきたメールに返信をする場合、その返信先のメールアドレスは、相手が入力したものですが、相手が入力の際にミスをしていると、返信のメールは届きません。

  2. 相手の迷惑メールに入っていて、相手が気づかない場合
    届かないのではなく、届いていても、相手には、気づいてもらえません。

  3. 途中のウィルスチェックにひっかかって、削除されてしまった場合
    添付ファイルで、拡張子が「exe」などの場合には、ウィルス検知されて危険な添付ファイルとして、メールごと駆除される可能性があります。

  4. 何らかの理由で、自分のメールアドレスやドメインが、ブラックリストにのってしまっている場合
    身に覚えがなくても、送信メールが隔離されている可能性があります。

メールは、100%届くとは限りませんので、重要なメールや返信がこないメールについては、気になったら、電話などで確認するのがいいと思います。

上のような事例を念頭においておけばと、メールを上手につかいこなせるのではないかと思います。