FileMaker Pro 16のユーザーの方>FileMaker 19のアップグレード対象パッケージが使えます

FileMaker Pro 16のユーザーの方>FileMaker 19のアップグレード対象パッケージが使えます

年末に、FileMaker 19のアップグレード対象パッケージを購入しました。

届いたバッケージの外箱を見ると、上記のような表示になっていました。

ところで、実は、FileMaker19というのは、FileMaker Pro 19 Advanced ということです。

というのは、FileMaker Pro および FileMaker Pro Advanced が統合された結果、まずは、バージョン 17 および 18 では、FileMaker Pro は、FileMaker Pro Advanced に一本化されました。 

そして、バージョン 19 では FileMaker Pro Advanced が FileMaker Pro と名称が変更されたからです。

ということは、FileMaker 19のアップグレードのパッケージを購入すると、Advancedの下位版だったFileMaker Pro 16 から、上位版のFileMaker Pro 19 Advanced にアップグレードできる、ということだと思います。

ちなみに、私の場合は、FileMaker Pro 15 AdvancedからアップグレードしたFileMaker Pro 17 Advancedを、再び、FileMaker 19にアップグレードすることになりました。

FileMakerの社名もClarisに変わり、ピアツーピアの接続の仕方がバージョン18から、テスト環境でしか使えなくなりましたので、FileMaker Pro 16 を社内で複数台で使用する場合には、事情は違ってきますが、FileMaker Pro 16を単体利用している方が、最新のFileMaker19にするには、タイミング的には、今がいいのかな、と思いました。

次のFileMaker20になったら、FileMaker Pro 16は、もしかして、アップグレード版対象バージョンからはずれてしまうかもしれませんからね。