MENU

ワンポイント・アドバイス パソコンの強制終了の仕方とタイミング

目次

パソコンが固まってしまったときどうしていますか?

パソコンの操作中に、マウスもキーボードも全く反応しなくなって、いわゆる「固まった」状態になったときに、どうしていますか?

家電製品の場合の電源の切り方

家電製品なら、電源ボタンを押せば、電源は切れるのが一般だと思います。

パソコンの場合の電源の切り方

ところが、電源ボタンを「チョン」と一回押すだけででは電源は切れません。

デスクトップパソコンの場合の電源の切り方

そこで、最終的に、電源ケーブルを抜いて電源を切った、という経験のある人、多いのではないか、と思います。

確かに、デスクトップパソコンの場合は、それで強制的に電源を切ることはできます。

ノートパソコンの場合の電源の切り方

しかし、ノートパソコンの場合は、バッテリーを搭載しているので、電源コードを抜くだけでは、電源は切れません。

そこで、ノートパソコンの場合は、電源コードを抜くだけでなく、バッテリーもはずして電源を切ることになります。

ところが、最近の薄型ノートパソコンは、バッテリーが本体に内蔵されていて、簡単にとりはずすことができません。

そこで、やむなく、電源ケーブルを抜いたままにして、バッテリーがなくなるまで待つしかなくなってしまいます。

ワインポイント・アドバイス:簡単にパソコンの電源を切る方法

電源ボタンの長押し」で、パソコンの電源を強制的に切ることができます。

「チョン」と1回押して、すぐに指を離すのではなく、電源ボタンを押したまま、10秒くらい、そのまま押しっぱなし(長押し)をしてみてください。

そうすると、電源切れると思います。

パソコンが固まったときの、最後の手段、強制終了の仕方は、電源ボタンの長押し、です。

なぜ、電源ボタンを長押ししないと電源は切れないのか?

それは、ハードディスクのクラッシュ防止のための安全対策だと思います。

ハードディスクの仕組み

パソコンの電源が入っていて動作しているとき、データを読み書きするために、ハードディスクは高速回転をしています。

とのとき、ハードディスクのヘッド部分(レコード盤のレコード針にあたる部分)は、ディスクの盤面の上を浮いた状態になっています。

レコードの場合は、針は、盤面の上に接触していますが、ハードディスクの場合は、データを読み書きするヘッド部分は、ディスクに触れずに、浮いている、という状態です。

この状態で、電源が強制的に切れると、ディスクの回転が緊急停止して、盤面の上で浮いているヘッドが、盤面に触って盤面を傷つけることがあります。

これを、レース中の車の大破になぞられて、「クラッシュする」と言ったりします。

そうなると、ハードディスクの中のデータは、壊れて、読み書きできなくなってしまいます。

間違って、うっかりパソコンの電源ボタンを押したときに、このハードディスクのクラッシュを防ぐために、安全策として、長押しをしないと、電源を切れなくしているのだと思います。

最近では、ハードディスクからSSDに代わり、物理的なクラッシュの危険はなくなったものの、電気的なダメージで壊れる可能性はあると思いますし、ソフト的に不具合が生ずることがありますので、パソコンの長押しによる強制終了は、最後のやむを得ない手段として、簡単にしない方がいいと思います。

電源ボタンの長押しによる強制終了のタイミング

通常は、電源ランプの隣にハードディスクのアクセス状況を示すランプがあると思います。

これが、チカチカ点滅しているときは、ハードディスクが動作している状態なので、強制終了はランプが消えるまで待った方がいいです。

しかし、長い時間待っても、アクセス状況を示すランプが消えない場合には、決断のしどころです。

Windows10になってから、Windows10のアップデートが背後で行われて、画面が真っ黒になって、何もできなくなることがあります。

このアップデート中の場合に、電源を強制終了すると、パソコンが、ハード的にではなく、ソフト的に壊れることがあります。

実際に、電源を長押しして強制終了したあとに、電源をいれ直しをしたら、パソコンが起動しなくなった、という不具合の事例は、たくさんあります。

ですから、特にWindows10になってからは、パソコンの画面が真っ暗な状態が長く続いても、半日位そのまま放置してアップデートの完了まで待ってもらうことが多くなりました。

放置していると知らない間にパソコンは復旧していた、という事例がとても多いです。

まとめ

パソコンの強制終了の方法は、電源ボタンの長押しです。

パソコンが固まる原因がWindows10のアプデートの場合は、そのまま放置すると回復することが多いので、強制終了は、最後の最後の手段と考えて、慎重にした方がいいです。

目次