MENU

【Windows10のパソコンが壊れた】Windows10とWindows11どっちを買うか迷いました

Windows10のパソコンが、突然起動しなくなった、という連絡がありました。

お預かりして診断したところ、電源が完全に入らず、パソコン自体は修理不能で廃棄することになりました。

この段階で、考えないといけない大事な点が2つありました。

  • 壊れて起動しなくなったパソコンのデータを救出できるか?
  • 買替えるパソコンをWindows10とWindows11のどちらにするか?

皆さんのまわりにも、同じような悩みの方いると思いますが、どのようにしていますか?

今回は、それぞれ、ポイントを絞ってお話したいと思います。

この記事は、Windows95の前のMS-DOS時代から、パソコンのデータの救出と修理を30年以上仕事にしているパソコンドクターが書いています。

目次

壊れて起動しなくなったパソコンのデータを救出できるか?

パソコンの修理不能より損失の大きいデータの喪失

パソコンが今まで壊れたことがない人の中には、パソコンは壊れないと思っている人がいます。

しかし、長年パソコンの修理などに携わっていると、パソコンは壊れるものだと言うのは正解だと思います。

パソコンがある日突然壊れると、その時にはじめてパソコンの中にあるデータの重要性に気づきます。

確かにパソコンを購入するのにお金はかかりますが、お金さえ出せば新しいパソコンを購入する事は出来ます。

ところが失ったデータは、二度と戻ってきません。

ですから、パソコンが起動しない、などの相談を受けたときに、第一に考えるのが、データを復旧することができるか、です。

データの救出が、とにかく、最重要課題です!

どの位の割合でデータを救出できるの? 大まかな目安

パソコンに詳しくないと、パソコンが突然起動しなくなると、中のデータも諦めなければならないと思ってしまうと思います。

しかし、実際にパソコンが突然起動しなくなった場合に、パソコン自体の修理は出来なくても、中のデータの復旧は、観点には諦めないで下さい!

なぜなら、データの復旧できる可能性はかなり高いからです。

私個人の大まかな目安としては、9割近くのデータは救出してきたと思います。

そんな割合が高いわけない、と同業者の方からお叱りを受けるかもしれませんが、私の経験からは、そんなイメージなんです・・・。

ですから、パソコンが壊れた場合には、データの救出は諦めないで下さい!

諦める前に「データの復旧の経験がある」パソコンに詳しい人にアドバイスを受けて下さいね。

データを救出する具体的な方法

概略だけ伝えますと、データを保管しているハードディスクやSSDなどが物理的に壊れていなければ、パソコンからハードディスクや SSD を取り外して、外付けハードディスク(SSD)のケースを使って、必要なデータを救出できる可能性が大です。

信頼できる業者さんに依頼するのが一番確実だと思いますが、金額が予想以上に高いことが多いです。

そこで、自分でやったり、身近でパソコンに詳しい人にお願いしたくなりますが、データの救出に慣れていないと、作業を失敗する可能性が高くなりますので、依頼する場合には、データ救出の経験者かどうか、具体的にどういう方法で救出するか、をきちんと説明できるかを確認した方がいいです。

成功率9割以上はある、というのは、結果論であって、毎回、毎回、失敗に怯えています。

ですから、データ復旧の依頼を受けるときは、必ず免責事項に同意してもらいます。

データ救出はデリケートな作業です。

用心に用心を重ねて、くれぐれも、簡単な作業だとは思わないで下さいね。

今回も、途中うまく移せないデータがあり、青くなりましたが、結果として、データ救出は成功しました(ホッ)。

買替えるパソコンをWindows10とWindows11のどちらにするか?

新しいWindowsのパソコンを購入するのになぜ悩むのか?

すんなりWindows11を購入すれば、それでいいんじゃないですか?

Windows10とWindows11のサポート期間の終了日とのかねあいで悩んでしまいます。

Windows10とWindows11のサポート期限の終了の概略

Windows 10/11のサポート期間は、とてもわかりにくいと感じています。

まず、Windows10の機能更新プログラムの提供は年1回、秋のみとなり、最終的に2025年10月14日までサポートされる予定となっています。

つまり、まだ、3年近くは、Windows10を使い続けることができるわけです。

パソコンの世界の進歩の速さは想像以上なので、3年後のパソコンの性能は、今より、すごくあがっていると思います。

ということは、買替えるときは、でるだけ性能が高くなっている方がいいので、Windows10を、サポート期間ギリギリまで使いたい、と思ってしまいます。

しかも、私などは、Windows11だと動かなくなるメインの重要なソフトがあるので、余計な出費を抑えるために、Windows11にしたくない、という事情もあります。

ただ、今の段階でWindows10を購入して、そのソコンの性能が低いと、Windows11アップデートできないので、改めて、Windows11のパソコンを買替えないといけなくなります。

そこで、予算の関係もあって、Windows10にするか、Windows11にするか、を迷っていました。

今回の解決方法

結論として、ヤフーオークションで、性能的に同レベルのWindows10のパソコンが、安く出品されていたので、これを購入して、解決しました。

ややこしいWindows11のサポート期間の終了の話し

Windows 10以降、機能更新プログラムによってバージョンが上がり、常にメインストリームサポートの状態となるのですが、もし、機能更新プログラムを適用しないでいると、サポートが終了してしまうようになった。

 例えば、Windows 11 Home/Proの場合、初期バージョンのバージョン21H2のままでは、2023年10月10日にサポートが終了してしまいます。

なんかへんですよね。

Windows10よりWindows11の方が、サポート期間が早く終了する、ということなのです。

まとめ

Windows11のサポート期間の終了のことを考えると、ややこしくて混乱してしまいます。

そこで、「Windows10については、最終的に2025年10月14日でサポートが終了する」ということを頭に入れて、今後のスケジュールをたてるのがいいと思います。

目次