MENU

【Raptureなど不要】Windows10に標準搭載の機能、Snipping Toolなどのソフトだけで電子マニュアルを作成する方法

Windows10での操作を前提に説明します。

目次

スクリーンショットが必要になる場面

仕事先で、Windows10やソフトの操作方法をお教えするときに、言葉だけでは理解が難しいので、可能な限り、その場で電子マニュアルを作成、印刷して、そこに書き込んでもらいながら説明をしています。

その際に必須の機能が、スクリーンショットです。

スクリーンショットは、操作のポイントとなる画面を写真で撮影するがごとく、コピーする機能です。

しかし、現場では、スクリーンショットや画像を加工するソフトをインストールなどしている余裕はありません。

「Rapture」などのスクリーンショットのソフトがない場合にどうするか?

Windows10に標準で搭載されている機能とソフトを使って、電子マニュニアルを作成します。

具体的には、

  1. 画面のスクリーンショットは、キーボードのPrint Screenの機能を使います。
    全画面でなく、開いているWindowだけなら、Altキー+Print Screenです。
    もっと細かく切り抜きたい場合は、Windows アクセサリのSnipping Toolを使います。
  2. 2)画像の編集・加工は、Windows アクセサリのペイントを使います。
  3. 3)電子マニュアルのソフトは、Windows アクセサリのワードパッドで大丈夫です。

ワードバッドで作成した文書を印刷すれば、緊急の電子マニュアルのできあがりです。

決して、綺麗で完璧ではありませんが、ノートにメモするより、この電子マニュアルに書き込んだ方が、確実に身につきます。

Windowsアクセサリ

ペイントで文字も書けますし、

印刷したあとに、ペンなどで
メモ書きしてもらいます。

Snipping Tool

ペイント

ワードパッドで作成した簡単な電子マニュアル(サンプル)

まとめ

スクリーンショットのソフトとして、「Rapture」がよく紹介されていますが、無料のスクリーンショットのソフトでしたら、Windows アクセサリのSnipping Toolで十分だと思っています。

ここでの内容を確認するのに、ほとんど時間がかかりませんので、ぜひ、お試しいただければ、と思います。

目次