MENU

パソコンが突然起動しない。電源ケーブルは電源タップにきちんと刺さっている。5分で解決した、今回のなぜ?

目次

パソコンで、有線のケーブルでつながっているもの

  • 電源ケーブル
  • 有線LANケーブル
  • モニターケーブル
  • キーボードのケーブル
  • マウスのケーブル

などがあります。

有線のケーブルの落とし穴

無線と違って、目に見えるものなので、簡単に確認できそうですが、ここに落とし穴があります。

どういうことかというと、なまじ、目で見て判断できるので、そこで、思考がストップしてしまうんですね。

今回のパソコンが突然起動しなくなったのは、パソコンの電源ケーブルをさしていた電源タップの大元が、壁から抜けかけていたのが原因でした。

今回の原因をつきとめるまでにした作業

  • パソコンの中の電源ケーブルなどに緩みがないか、をチェック・・・・・だめ
  • 電源ケーブルが抜けていないかチェック・・・・ダメ(電源タップにしっかりささっている)
  • 別の電源延長ケーブルに、パソコンの電源ケーブルをさしなおしてチェック・・・・電源ON !
  • この段階で、パソコンが故障していないことが判明。
  • そこで、電源ケーブルがささなっていた電源タップをとどっていったところ、壁にささっていたコンセントが半分ほど抜けていて、緩んでいました。

そのコンセントだと、電源タップのコードがひっぱられると、すぐに抜けてしまう状況だってので、ケーブルをひっぱっても、抜けない角度の別の電源タップにケーブルをさしなおして、解決しました。

まとめ

  1. 有線のケーブルは、目の前のケーブルは抜けていなくても、大元まで遡ってみる必要がる。
  2. 有線のケーブルは、緩んでいることがありますので、目でみるだけでなく、しっかり刺し直した方がいい。
  3. 原因がわかったら、同じことが起きないように、対策を施しておく。

わかってしまえば、なんていうことはありませんが、今回の内容が、皆さんのトラブルの解決のヒントになるといいの手すが。

目次