怖いニュース>香港の逃亡犯条例デモ受け、Google翻訳で逆の意味の翻訳

■仕組み悪用し、大量の修正提案か

 複数の香港メディアによれば、2019年6月14日ごろから前述の現象が起きている。

 その後グーグルが修正したとの報道もあるが、J-CASTニュース編集部が6月16日昼、「so sad to see hong kong become china(香港が中国の一部になるのはとても悲しい)」をGoogleを使って中国語に翻訳すると、「很高兴看到香港成为中国(香港が中国の一部になるのはとても嬉しい)」と表示された。

 Google翻訳は精度向上のため、利用者が翻訳結果の修正を提案できる仕組みがある。香港でのデモ活動を受け、こうした提案が大量に送信され、翻訳結果が修正され反映された可能性がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする