気になるニュース>大谷大谷翔平選手のサイクル安打に対する張本勲氏と栗山監督の辛口コメントの後味の違い

エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、日本人初となるサイクル安打を達成した。敵地・レイズ戦で「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。初回の第1打席で左腕ヤーブローから、いきなり先制の3ラン本塁打を放ちメジャー通算30号の本塁打とすると、3回の第2打席で左中間を破る二塁打、5回の第3打席で右翼線三塁打。快挙に王手をかけた7回の第4打席で中前打を放ってサイクル安打を成し遂げた。
 MLBでのサイクル安打達成は史上326度目。エンゼルスでは2013年5月21日のマリナーズ戦で達成したマイク・トラウト外野手に続き、史上7人目(8度目)の快挙となった。エンゼルス公式ツイッターは大興奮だった。

ちなみに、こういうニュースも一緒に書かれていますね。

イチローが1度も達成しなかったことは少し驚きです」と今年3月に現役引退したマリナーズの天才打者がキャリアでサイクルヒットを達成していなかったことに触れた実況

サイクルヒットを経験している張本さんより、サイクルヒットを1度も達成しなかったイチローのすごさを、逆に知る機会になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする