MENU

改めて、スティーブジョブス氏の病気のことを思う

iphoneやipadを操作するたびに、この中には、スティーブジョブス氏の魂が込められていると感じるのですが、もしも、今も元気だったら、どんな製品を開発してくれていたのでしょう・・・・。

目次

「スティーブ・ジョブズは治療可能な病で死亡した」世界一の大富豪が手術よりコーヒー浣腸を選んだワケ

アップル創業者のスティーブ・ジョブズは、がんのため2011年に56歳で亡くなった。

東京大学非常勤講師の左巻健男さんは「ジョブズは2003年10月にはすい臓がんだとわかっていたが、早期手術を拒否し、ゲルソン療法と呼ばれる食事療法に頼った。

9カ月後の検査でがんの転移がわかり、手術などに切り替えたが手遅れになってしまった」という――。

目次