MENU

アントニオ猪木さん、「最期の言葉」動画が公開…チャンネル再開を目指し9月21日に撮影されていた

目次

子供のころからのスーパースターの訃報

【写真】闘病中のアントニオ猪木さんが歩行器で歩く姿  

8月、栄光の写真が飾られた事務所を歩行器で歩く

元プロレスラーで元参院議員のアントニオ猪木(本名・猪木寛至)さんが1日朝、都内の自宅で亡くなったことが分かった。79歳だった。

猪木さんの公式ユーチューブチャンネル「アントニオ猪木『最後の闘魂』」で1日、9月21日に撮影された動画が「アントニオ猪木『最期の言葉』」とのタイトルで公開された。

今回の撮影は、YouTubeチャンネルを再開するために撮影されたものだったという。

自宅のベッドに横たわる猪木さんは「別にやりたくないよ。やりたくないけど、みんな『やりゃいいじゃん』って。

欲も何も、全くないんだから。俺。

欲がないというのは何の欲もない。

金銭欲なのか、女なのか、いろいろ、生きていること自体がなんなのか」と語りつつ、笑顔で関係者と楽しそうに会話を続けた。  

そして「だいたい見せたくないでしょ。こんな様を。普通は」と話したが「みんなに見てもらって、弱い俺を。でもしょうがない。そしたら反応が逆なのか」と語っていた。  

猪木さんは日々の生活について「舌も回らなくて、言葉も。だから寝ていても口を動かす練習をしている。もう一つの口、食べる方、こっちが。やっぱり胃が小さくなって」と話した。

「美味しいものは本当に、全国から。初めて取れた何々、珍しい何々、と送ってくる。

そういうのは手を付けないと悪いと思うから」と、感謝の気持ちを話したが「だけど晩飯は一人で食べるのが一番つらい」とこぼした。

夕食は誰と食べているのか聞かれると「いないね。たまにいるけど、みんな忙しい」と口にしたときは、少し寂しそうな顔を浮かべた。  

今後やりたいことを問われると、世界の環境問題を挙げた。

「今、手近でやれること、世界のゴミを消していくこと。これだけ汚してしまった地球をね、自分たちの手でもう一回きれいに掃除すべき」「世界に向けて猪木しかできないことを。

『どうだー!』と大きな声が出せる日がもうすぐそこに来ています」と誓っていた。

 猪木さんは「もう俺も80だから。『もうそろそろ、猪木さん楽をしてください』という人は誰もいないだよ」と苦笑い。

「この声が一番、俺の敵なの。敵がいる限り、いいじゃないか」と嬉しそうに笑っていた。

 猪木さんの公式ユーチューブチャンネル「アントニオ猪木『最後の闘魂』」で、動画には「アントニオ猪木『最期の言葉』」とのタイトルが付けられている。

Yahoo!ニュース

|アントニオ猪木「最期の言葉」

目次