MENU

シャーベットで遠隔地の鮮魚を東京市場に直送、漁業に貢献!

ヤンバルの森は豊かな海や漁業ももたらしている(写真:イメージマート)

日本の北端・沖縄本島の北部でとれた魚を、市場に届けるシステムの開発。

こういう取り組み、アイデアが、漁業だけでなく、林業なども活性化、再生するものだと感じます。

消費者は新しい味覚に出会えると共に、漁民の収益向上やフードロスの抑制にもつながるという、「三方よし」ならね「全方よし」という状況がつくれてきているのだ。

記事の中には、いろいろなヒントが隠れています。

目次