MENU

楽天モバイルの0円のコースが有料化になる→解約手続の手順はこれだ!

楽天モバイル
目次

解約を忘れないように今から解約手続をしました

解約は一度しかしない手続ですので、解約の場所が見つからなかったりして、作業に手間取ります。

中には、解約の場所が見つからず、あるいは、面倒で、契約を解約したいのに、そのまま継続するユーザーもいるのではないか、と思われます。

手続が少しでもスムースにいくように、ポイントを載せておきますので、参考にしてみて下さいね。

管理者の画面ページにログイン

https://portal.mobile.rakuten.co.jp/my-rakuten-mobile

Rakuten Mobileの管理者ページにログインしました

下にスクロール→歯車マークの契約プラン・オプション設定をクリック

その他のお手続き→解約したい→各種手続きはこちら

その他のお手続き→解約にチェックして手続きへ進む

解約についての注意点とアンケートのお願い

解約の理由等のアンケート

アンケートQ1 今回の回線はどのような目的で使っていたか

アンケートQ2 今回回線を利用していた機種は何か

アンケートQ3 今回楽天モバイルを解約する主な理由

アンケートQ4 解約後に利用する(利用している)キャリア

アンケートQ5 楽天モバイルについて、今後どのようになると良くなるか具体的なご意見

解約を完了

お申し込み内容の確認

解約が完了

楽天モバイルの新規申し込みから解約までの履歴の確認

解約完了のお知らせのメール

「イーロン・マスクよ、楽天モバイルにStarlinkを提供してほしい」

おふざけではなく、楽天さんには、今後も期待しているんです。

「イーロン・マスクよ、ウクライナにStarlinkを提供してほしい」

ウクライナの副首相兼デジタル・トランスフォーメーション担当大臣、ミハイロ・フョードロフ氏がTwitterでこう訴えたのは、2月26日のことだ。

Starlink(スターリンク)とは、イーロン・マスク氏が率いる宇宙スタートアップ・SpaceXが提供する「衛星インターネットアクセス」のサービスである。

ウクライナではロシアの侵攻以来、インターネットがつながりにくい状況が起きていた。

SpaceXは2019年、Starlink衛星を同社のファルコン9ロケットにより打ち上げ、衛星インターネットアクセスのサービスを開始した。

2022年中に世界のほぼ全域でサービスを展開できるよう、約1600基の衛星を配備する計画だ。

2021年9月時点で、Starlinkは17カ国でサービスを提供。

ほか各国の規制当局へ認可を申請中だという。

日本では、KDDIが2021年9月、SpaceXとの業務提携を発表。

山間部や島しょ部など、全国約1200箇所の遠隔地から追加料金なしでStarlinkのブロードバンド通信サービスが利用できるよう、順次導入を進める計画だ。

SpaceXと同時期に衛星コンステレーションによる通信事業の計画を発表していたのが、OneWebである。

OneWebには、ソフトバンクグループも出資し、2019年のサービスインを目指していたが、資金繰りの悪化により2020年3月に連邦破産法11条の適用を申請。

その後、再建を図る同社は、2022年2月時点で合計428基の衛星を軌道上に配置した。

これは予定している648基の衛星の3分の2にあたる。

出典:イーロン・マスクがウクライナに提供した「衛星インターネット」、その可能性と課題とは

目次