MENU

今日の気になるニュース→楽天モバイルの0円のコースが有料化になるというニュース

目次

“0円終了”楽天モバイルに反発の声 「裏切られた」「乗り換えようかな」 余波で「povo2.0」トレンド入り


https://news.yahoo.co.jp/pickup/6426405

楽天モバイル、月額0円プラン廃止 7月から月額1078円スタートに 既存ユーザーも自動移行


https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2205/13/news131.html

 同プランは月1GBまで月額0円、1~3GBまで月額1078円、3~20GBまで月2178円、それ以降データ上限なしに月3278円で使えるのが特徴だったが、0~3GBまで月額980円に変更。他のデータ通信量と月額費用に変更はない。新プランは自動移行で、7月1日から全ユーザーに適用される。

ただし、既存のUN-LIMIT VIユーザーには、2022年10月末まで月額データ利用量が1GB以下の場合、月額料金が実質無料。7~8月は月額料金が無料となり、9月と10月は月額料金相当の楽天ポイントが付与される。

楽天のサービスについて

今回の楽天モバイルのサービスについては、半信半疑で期待した面もありました。

しかし、今までの楽天という会社の流れからは、ある意味予想通りといえば予想通りです。

我が家の楽天モバイルの利用の仕方

我が家では、家族がそれぞれ別々で楽天モバイルに契約をしています。

しかし、こうなることを予想して、元々メインの回線をそのままにして、楽天モバイルを予備回線として考えていました。

そして、もし、今後、楽天モバイルが使い勝手のよいサービスが続くのであれば、メインの契約を楽天モバイルに統合していくことを考えていました。

しかし、今回の内容では、メインの回線とは別に追加料金が発生することになり、それではもったいないので、楽天モバイルの方は、解約することになると思います。

楽天モバイルの有料化でどうなるか

楽天モバイルは、楽天mini、楽天ハンドを、ほぼ無料の価格で配布していましたが、今回の有料化で解約する人が増えれば、この楽天mini楽天mini、楽天ハンドが、メルカリやオークションの中古市場に多く出回るようになる気がします。

私は、古い iPhone や Android スマホについては、wi-fi を使って、手のひらサイズのパソコンとして家や会社で活用しています。

身近なところとしては、目覚まし時計、タイマーとして重宝してます。
価格が安ければ、お買い得かもしれません。

今回の楽天の方向転換について

今回の楽天モバイルの0円がなくなるというのは、正直予想通りではありました。

一番最初に楽天に出会った時から、ずっと、こういうことの繰り返しですからね。

ですから、やっぱり今回もか、という感想です。

裏切られた、という思いのユーザーも多いとは思いますが、物は考えようで、情報を上手に活用して、ユーザー側も、上手に制度を活用して、いいとこどりをする、という考え方もあります。

私の場合は、楽天miniと楽天ハンズが手元に残りますからね。

今後も、こういうことは、楽天以外でもありますので、これが、普通のことだと割り切って、対策を考えておく、という発想がいいと思います。

解約の手続きが少々面倒ですが、時間は少しありますので、計画を立てて手続をしていきたいと思います。

改めて楽天の今回の方針転換について「もったいない」と思う

私は、楽天モバイルのサービスがこのまま続くならば、面白いなと思っていました。

将来的には、楽天の無料から有料コースに移っていったと思います。

しかし、私のように解約するユーザーが多かったら、本当にもったいない、と思います。

何がもったいないか、と言うと、楽天モバイルが今までの楽天のイメージを覆してくれる存在になれたからです。

私は、通販の楽天のスタート段階に、あるショップ運営のお手伝いをしていたので、楽天に対する評価は、ひどいもので、ずっと続いています。

しかし、もし、この楽天モバイルで満足できるようになったら、今まで敬遠していた通販の楽天も使うようになったと思いますし、その他、楽天プランドの色々なサービスを使うようになったと思うんです。

つまり、今回の楽天モバイルのサービスは、私が、今後、楽天のサービスを使うかどうかの試金石でした。

ところが、今回のニュースを見て、結局は、「楽天は、やっばり楽天だった」ということで、信頼度の低い会社のままになってしまいました。

ということで、本当にもったいないないなぁ、と思ったニュースでした。

こんなことを思うのは、私だけでしょうかね・・・・。

目次