MENU

今から3年近く前の「氷上の皇帝プルシェンコ、豪邸のスケールもまさに皇帝レベルです(・ω・)」の記事を見返して思うこと

Mansion of emperor Plushenko on the ice
目次

 ロシアフィギュアスケート界で〝皇帝〟と称されるエフゲニー・プルシェンコ氏の豪邸を紹介していた記事

ルチエンの海外ご当地ニュースですよ
英語 ロシア語 中国語 日本語ができるマルチリンガルのルチエンです。主にロシア語圏、中国語圏、英語圏のご当地ニュースを翻訳・要約して皆様に提供致します。

https://ruchien.hatenablog.com/entry/2019/05/27/180852

もう引退しましたが、こちらエフゲニー・プルシェンコ。おそらく世界でもっとも有名なフィギュアスケート選手かと思われます。2006年トリノ五輪金メダリストです。堂々たる振る舞い、圧倒的な実力、力強くかつ優雅な舞い、まさに氷上の皇帝でした(・ω・)

奥様のヤーナによりますと、この新しい豪邸には誰も住まないそうです。

どうやらお客様専用の豪邸だそうです。お金持ちはスケールが違いますね(・ω・)

日本のスポーツ選手の現役時代・引退後と比較してしまう

野球でもそうですが、日本でのスポーツ選手の待遇って、低すぎると思います。

例えば、ボクシングでもそうですし、オリンピック種目の競技でもそうですが、試合の際には、日本国中で熱狂するのに、選手を育てたり、引退後の待遇をみると、ひどいと思います。

海外での優遇は、極端すぎる感じもしますが、なんとか、日本人のスポーツだけでなく、文化に関して、あるいは、医療に関しての待遇は、ぜひともアップして欲しい、と思います。

ただ、ロシアなどは、国をあげて優遇しているのだと思いますが、そうすると、今回のプルシェンコ氏のように、自分の生活の基盤を失うことになりかねないウクライナの件は、とんでもない、ということなんでしょうね。

以前見た、この豪邸の記事を思い返すと、プルシェンコ氏のここのところの発言も、そういうことか、と納得してしまいます。

経済的に首根っこを抑えられていると、自分の生活が脅かされると思うと言いたいことも言えないですね。

目次