MENU

ゲームが現実の世界の戦争に→米国 ウクライナに攻撃ドローン100機提供 元米国防長官補佐官「戦況をいっきに変えるインパクト」

ドローン
目次

軍事ドローン

米国バイデン大統領はロシアに侵攻されているウクライナに対して、900億円の追加支援を行うことを明らかにした。その中には軍事ドローン100機も含まれていると報じられている。米国がウクライナに提供する軍事ドローンは米国エアロバイロンメント社が開発しているスイッチブレードと報じられている。スイッチブレードは「Switchblade300」と「Switchblade600」が上空からドローンが標的に突っ込んでいき、戦車などを破壊することができる。同社ではイメージ動画も公開している。ドローンが認識した標的を人間が判断して攻撃をしているので、軍事施設や戦車など軍事目標に攻撃できることを強調している。

米国がウクライナに提供する予定の軍事ドローンは2010年にアフガニスタンにタリバン掃討のために派遣されたアメリカ軍部隊にも配置されていた。米国元国防長官補佐官のミック・ムルロイ氏はニューヨーク・タイムズで「ウクライナに提供される軍事ドローンは、特殊任務に適しており、戦況をいっきに変えることができるインパクトがあります」と語っていた。

ロシア軍がウクライナに侵攻してから、両国ともに軍事ドローンによる上空からの攻撃が続いており、ロシア軍はロシア製の軍事ドローン「KUB-BLA」で攻撃を行っており、ウクライナ軍はトルコ製のドローン「バイラクタルTB2」でロシア軍の装甲車を上空から破壊して侵攻を阻止することにも成功していた。 軍事ドローンが上空から地上に突っ込んできて攻撃をして破壊力も甚大であることから両国にとって大きな脅威だ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20220319-00287367

▼Switchblade300

▼Switchblade600

目次