偽メールがJCB名義で届きました。内容を確認して気をつけて下さいね。

今まで、AppleとAmazonの本物のロゴとメールアドレスを詐称したメールが何度も届きましたが、今日は、JCBのロゴと名前を詐称したメールが届きました。

少し詳しいユーザーほど「次のように考えて」騙される可能性がありますので、要注意です。

  1. まずは、メールアドレスを確認する→メールアドレスがJCBだから本物だ。
  2. 次に、本文のリンク先のアドレスがJCBだから本物だ。
  3. 最後に、ロゴも本物だから、大丈夫だ。

上のそれぞれについては、下記のような理由で誤り(誤解)なんです。

  1. 送信元のメールアドレスは、誰でも簡単に詐称できます。
  2. 表示されているリンク先のアドレスと背後にあるURLは、簡単に別のものを設定できます。
  3. ロゴも、本物をコピーして貼り付けるだけです。

私が不思議なのは、背後にあるURL、このメールの場合は、

「http####://192.187.110.66/~shopilar/.jcb/index1.html」

とわかっています。

(間違えてクリックするといけないので####を付加しています)

なのに、なぜ、この情報をもとに、JCBなり警察や捜査機関などは、防止したり、摘発しないのか、ということです。

これは、ほとんどの人が騙されてもしかたありません。

関係機関の皆様、ぜひぜひ、なんとかしてください。お願いします。

あと、私の場合は、サーバー上とパソコン上でSPAMのチェックをしています。

パソコンについていうと、ESETのウィルスセキュリティをインストールしてあります。

パソコンにもスマホにも、セキュリティソフトは必須ですので、まだの方は、ぜひとも導入をしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする