MENU

パソコン教室の1台だけネットワークに接続できない>なぜだ?

目次

まずは、原因の切り分けをします

40台あるパソコン教室で1台だけが、インターネットにつながらない、という相談です。

インターネットにつながらないときは、原因の切り分けをしますが、1台を除いてインターネットができる、ということは、回線自体の問題ではなく、インターネットにつながらない1台のパソコンの問題だ、ということが推測できます。

そこで、その1台に集中して原因を調べていきました。

最初にすることは、ipconfigのコマンドを打つことです

ネットワーク関係のトラブルは、通常のパソコンに慣れている人でも、敷居が高い内容となります。

私の場合、はじめにするのは、コマンドプロンプトの画面で、「ipconfig」というコマンドを入力して、状況をします。

コマンドは、たくさんあるのですが、私は、この「ipconfig」と「ping」という二つのコマンドで8割位は、解決できると感じています。

ネットワークのトラブルの際には、この2つのコマンドを検索して、使い方を調べてみて下さい。

ipconfig の結果からわかること

通常は、そのパソコンのネットワークのIPアドレスが表示されますが、今回は、インターネットに接続できない、ということで、おそらく、IPアドレスは、表示されないのではないか、と思いました。

案の定、IPアドレスが表示されていませんでした。

そうすると、そのパソコンとネットが切断されている、ということになります。

確認するところ

単純なところでは、物理的・ハード的にLANケーブルが抜けている、ということがありますが、LANケーブルは、きちんとささっていました。

ということは、ソフト的にパソコンとネットが切断されている、つまり、OFFになっている、ということが考えられます。

ノートパソコンの場合は、WiFiとの接続がオフになっていたり、機内モードになっていたり、本体のWiFiのスイッチがOFFということがあります。

今回は、デスクトップパソコンですので、確認するところは、ネットワーク接続のアイコンです。

私のパソコンを例にすると

アイコンが灰色、ということは、「無効」になっている、つまり、OFF状態ということです。

インターネットに接続できない原因はこれでした。

困ったときの右クリックで、アイコンを右クリックすると、「有効にする」が表示されますので、これをクリックしてONにします。

このように、濃い色のアイコンになれば、大丈夫です。

犯人は誰だ?

今回、1台のパソコンだけが、なぜか、上記のような状態になっていました。

では、誰が、ここをOFFにしたのか?

相談者は、こんなに簡単に修復するとは思っていなかったようですが、実は、これと同じ現象は、過去に何度も他でもありました。

共通しているのは、誰も、手動で、OFFにしていない、ということでした。

そもそも、この機能も、この場所も、通常は触らない場所です。

おそらく、Windowsのアップデートなどの際に、間違えてシステムが、OFFにしてしまった、ということではないかと思います。

これは、知っているか、知らないか、気づくか、気づかないか、の問題ですが、今回は、約5分で解決できましたので、突然インターネットにつながらなくなった場合は、ぜひ、この場所を確認してみて下さい。

今日の気になったキーワード・ニュース

北京五輪フィギュアスケート男子で4位とメダルには届かなかった羽生結弦さん

勝つことの意味は人それぞれだと思いますが、たとえ勝てなかったとしても、羽生結弦さんに感動を覚えます。

時間がたって、現役時代を振り返ったときに、羽生結弦さんは、誰に恥じることもなく、胸をはって、堂々と自分のしてきたことを話せると思いますので、勝つことは大切ですが、それ以上に大切なことがある、と痛感します。

勝てば、何でもあり、という、例えば、大相撲での、白鵬のずるい相撲と比較して、本当になんと清々しいことか。

そういえば、以前、日本のスケートリンクの環境整備をしている裏方さんことを紹介している番組を見て、日本のすごさは、こういう職人気質の裏方さんたちの存在なんだなぁ、と思ったことがありますが、そういう点では、中国は、見た目の設備は、他国の真似をしてすごいかもしれませんが、「仏作って魂入れず」という印象を深くしますね。

今回のオリンピックの開催地が中国でなければ、違った結果になっているただろうな、と思ってしまいます。

羽生結弦さん、記録も記憶も残している素敵な選手ですね。

目次