これ活用した方がお得>半額多数…スーパーでの買い物は雨の日がねらい目!? まるで狩りのような夫のお買い物術/低収入新婚夫婦の月12万円生活

trilltrill.jp/articles/2330170

 よく、家計をきりつめるために、チラシなどで1円でも安いお店を捜して、買い物をする話しがあります。

確かにすごいと思いますが、私には真似できないし、同じ節約するなら、この記事のように割引の商品を狙うのが効率敵ですし、これなら、誰でも真似ができます。

だけど、知っていても、活用しない人いますよね。

あと、少しの時間ずらせば、間違いなく価格が下がるのに、定価で購入するのは、もったいないですよ。

半額の割引を知ったきっかけ

介護中の母の夕食が遅くなったときがありました。

原則は、母の年金からやりくりすることになっていたので、スーパーで価格をみて、本当は買いたいけど、我慢しよう、という状況でした。

それが、たまたま、いつもの買い物の時間がずれて遅くなったので、いつもと違う光景がそこにありました。

それは、スーパーの店員さんを中心に大勢の人が、活気にみちて、囲んでいたんですね。

私は、その少し前から店で買い物をしていて、少し前に、その人が大勢集まっている売り場でお弁当を買って、カゴに入れて歩いていました。

不思議に思って、私も近づいて遠巻きで見ていました。

少しして、騒ぎが収まったときには、棚のお弁当は、全部無くなっていました。

あれ、さっきまで、売れ残っていたのに・・・と思ってたら、さきほどの輪の中心にいた店員さんが、私の横を通りすぎるときに、買い物カゴに入っているお弁当に気づいて、半額のシールを貼ってくれたんですね。

いやいや、これは、本当にびっくりしました。

そうか、そういうことなんだ、そういう世界があるんだ、とびっくりしました。

これが、私が半額の割引を知った最初のきっかけでした。

閉店時間が違うスーパーをチェックしておくと、どこかのスーパーで欲しい弁当などが半額割引で買えることが多い

要は、売れ残ると困るので、売れ残るくらいなら、サービスも兼ねて、割引のシールを貼るので、目安としては、閉店時間の1時間から1時間30分前に半額のシールを貼り始めるのではないか、と思います。

ということは、閉店時間が、A店が21時、B店が22時、C店が23時だと、チャンスが、3回ある、ということになります。

私の場合は、毎日、というわけではありませんが、スーパーでサービスで提供してくれている水をくみにいくタイミングで、いつもは、高くてパスしている商品が、たまたま、半額割引で残っているときは、ありがたく、買わせてもらっています。

最近では、海外から日本に来ている人が、強引にカゴ一杯に買い占めすることが多くなって、行きづらくなってはいますが、毎日、利用すれば、月の食費が、半額近く抑えられて、しかも、高級な食材を手にいれることができるんですから、利用しないともっていない、と思います。

たまに、昼間に、掘り出し物(掘り出し割引・半額)があると、ラッキーと思って買ってしまいます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする