偽サイトに誘導する偽メールにご注意ください

みなさんのパソコンやスマホ、iphoneなどのメールアドレス宛に、パスワードを盗むための偽メールが頻繁に届いていると思います。

パソコンのメールソフトで見る場合は、リンク先のアドレスが、よく見ると偽物だとわかるのですが、スマホでは、おそらく見分けがつかないと思います。

内容をよくご確認の上、どうか、くれぐれもご注意ください。

具体的な手口としては、

1) 差出人が、本物のドメインの入ったメールアドレスになっている。
2) 届いたメールの内容に心当たりがあり、強迫観念で慌ててしまい判断を誤ってしまう。
3) 画像やロゴなどが、本物と同じものを使っている。
4) クリックする文字列(本物)の背後にあるジャンプ先の偽サイトのアドレスが隠れていて気がつかないようになっている。
5) 偽サイトでパスワードを入れて、盗まれたことを本人は自覚できない。

AMAZON、Apple、銀行、クレジットカードなど、ほぼ同様の手口のメールが届いていると思います。

無視するのが一番ですが、非常に内容が巧妙で、多くの方がひっかかっていると思います。

万が一、偽サイトで入力をしてしまった場合、あるいは過去に入力した覚えがある場合には、急いで、本物のサイトに行って、パスワードの変更手続をして下さい。

また、どのサイトでも、同じパスワードを使うと、そのパスワードが、マスターキーと同じように、他でも悪用される危険がありますので、安全のためには、忘れない工夫をして、別々のパスワードにすることです。

私は、長いこと、パスワード管理ソフトとして、ID Manager というソフトを使っています。
フリーなのに、申し分のないソフトで、パスワードの管理にはお薦めです。

www.woodensoldier.info/soft/idm.htm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする