MENU

マニュアルなどを表示する際に以前と違っていて使いにくくなった>PDFを表示するソフトが入れ替わっていませんか?

今日、相談を受けた内容というのが、役所からパスワード付きPDFが送付されてきたので、表示させて、印刷しようとしたら、エラーが出てしまって、印刷できなくて困った、という内容でした。

PDFというのは、Adobe社のAdobe Acrobatというソフトで作成されたファイル形式です。

これには、閲覧だけできるAcrobat Readerと作成、変更、書き込みなどができる、Acrobat(Writer+Reader)があります。

違いは、閲覧だけなら、無料版を使えて、作成、書き込みをしたい場合は、有料版が必要という内容です。

今では、PDFを作成するソフトは、Adobe社以外からも、安い価格で発売されています。

今回、問題なのは、PDFを読み込むソフトに関しての問題です。

実は、ホームページの閲覧ソフトであるブラウザも、PDFのReader機能をもっています。

そこで、パソコンが、PDFを閲覧するソフトを、ブラウザに設定してあると、PDFは、ブラウザでしまい、印刷も、そのブラウザ上ですることになります。

今、Windows10のアプデーとが、頻繁に行われていますが、このWindows10のアプデーとが問題なのは、せっかく、PDFを開くソフトを Acrobat Reader に設定してあるのに、勝手に、知らない間に、マイクロソフト社のブラウザである、Edgeに、こっそり、変更されてしまうことです。

今回も、結局、PDFを開こうとすると、Edgeが起動して、PDFが表示されてしまい、そのEdgeでは、PDFの印刷が、エラーになってしまう、という症状でした。

原因は、はっきりしているので、今回はすぐに、PDFを閲覧する標準のソフトを、 Acrobat Reader に変更したら、解決しました。

ブラウザ以外でも、自分の使いやすいソフトに設定していても、マイクロソフト社は、Windows10のセキュティのため、という名目で、強引、強制的に、マイクロソフト社のソフトに置き換えてきます。

マイクロソフト社のソフトが、他のソフトより使いやすかったり、優れているのであれば、まだしも、今回のように、使えなくなってしまうことが多いので、本当に迷惑なことです。

目次

PDFを閲覧するソフトを、 Acrobat Reader にする方法

スタートボタン>設定>アブリ>規定のアプリ>(下の方に下がって)ファイルの種類ごとに規定のアプリを選ぶ

アルファベット順に拡張子が並んでいますので、「.pdf」と表示されている右側のアイコンがEdgeになっていたら、Adobe Acrobat Reader DC に変更します。

これで、PDFのアイコンをクリックした場合には、Adobe Acrobat Reader DCというソフトで閲覧、印刷できるようになります。

目次