NTTの光電話が突然つながらなくなってしまった>「困ったときの再起動」ですが、補足です

通信機器が調子悪くなったときは、「困ったときの再起動」という魔法の言葉で復旧する確率が8割近くある、というような印象です。

今回も、結果的には復旧したのですが、一つ注意があります。

例えば、パソコンの作業中に調子悪いときは、「困ったときの再起動」の言葉通り、再起動すると、調子が戻ることが多いのですが、通常の再起動でだめなときは、「電源のコンセントを抜く」というのが、究極の「再起動」です。

今回の光電話についていうと、最初は、光電話のルーターの中に入って、再起動をかけたのですが、うまくいきませんでした。

そこで、ルーターの電源を抜いて、10分ほどして、電源をさしなおして起動させたら、トラベルが解消されました。

パソコンの場合も同じで、通常の再起動やシャントダウンでもだめなときは、パソコンの電源を抜いて、5分から10分待って、電源をいれると、復旧することが多いです。

ノートの場合は、バッテリーをとりはずせる機種の場合は、バッテリーもはずします。

困ったときの再起動、の再起動は、電源を抜き、という場合がありますので、ぜひ、トラブルの際にはお試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする