FileMakerで見積日付(請求日付)から年と月だけ抜き出したときの並び替えの注意

今日のテーマは「FileMaker」です。
先日、FileMakerで作成したデータの集計の依頼を受けたときに、困ったことが起きて工夫して解決した内容の備忘録です。

【困った内容】
例えば、見積日付が「2019年2月18日」だったとします。
この見積書を月単位で集計するのに、上の見積金額を「2019年2月」というようにすれば、2月の全部をまとめて集計することができます。

見積日付から「年」と「月」だけを抜き出すだけならば、下記のように悩まない内容です。

Year ( 見積書日付 ) & “年” & Month ( 見積書日付 )& “月”

しかし、これだと困った問題がおきます。

2018年1月
2018年2月
2018年3月
・・・・・・・
2018年10月
2018年11月
2018年12月

これを並び替えると、

2018年10月
2018年11月
2018年12月
2018年1月
2018年2月
2018年3月
・・・・・・・
2018年9月

こうなってしまいませんか?

そこで、並び替えたときに1月から12月まで順番に並ぶようにするために、1月~9月は01月~09月というように「ゼロ」をつけたいんです。

では、どうするか、というのが今回の備忘録の内容です。

結論としては、下記のように解決しました。

Year(見積書日付)&”年”&Right(“0″&Month(見積書日付);2) & “月”

ポイントは、「Right(“0″&Month(見積書日付);2) 」です。

Right(テキスト;文字数)は、テキストから文字数抜き出す、という関数です。

これを当てはめると

  1. “0”←数字のゼロと
  2. Month(見積書日付)←抜き出した月の数字を
  3. &←結合させて
  4. ;2←右から2文字抜き出す

1月→1→01→01月
2月→2→02→02月
3月→3→03→03月
・・・・・・・
10月→010→10月  ←ここがミソですね!
11月→011→11月  ←ここがミソですね!
12月→012→12月  ←ここがミソですね!

これで、並び替えると、

2018年01月
2018年02月
2018年03月
・・・・・・・
2018年10月
2018年11月
2018年12月

これで、めでたし、めでたし、です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする