AMAZONやAppleの本物のマークやアドレスを使った偽メールに注意です

今日のテーマは「詐欺メール」です。

最近目立って多いのが、本物そっくりの詐欺メールです。

Amazonの名前をかたった偽りメールが届きましたので、念のため情報をシェアします。

アドレスをクリックすると、下記の表示ができました(ESETというセキュリティセソフトがパソコンにインストールされています)

=====以下メールの転記===========
On Sat, 2 Feb 2019 03:**:** +0800
“Amazon更新する <******@********.jp> wrote:

残念ながら、あなたのアカウント Amazon ID (****@*******.jp) を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

ここでお支払い情報を更新してください。

www.amazon.co.jp/ap/signin

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

宜しくお願いします、
=====偽メールは以上です=============
先日は、アップルのiphone関係で同じようなメールが届きました。
特徴は、
1)メールで使っているロゴが本物と同じ
2)リンク先の表示が本社のサイトのアドレス
3)裏に隠れたリンク先はもちろん別の偽物サイト

今回は「http://www.amazone-****.net/」

不思議なのは、明らかに犯罪で取り締まって欲しい、取り締まれるのに、関係機関や当事者のAmazonやAppleが何もしないことです。

文句を言っていてもしかたありませんので、まずは、くれぐれもだまされませんように。

※スマホ=パソコンですので、スマホにもセキュモティソフトは必須です。

お薦めは、5台を3年使える、ESET ファミリー セキュリティです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする