仕事始めにエクセルが使えなくなった、と悲壮な連絡がきました

今日のテーマは「マイクロソフトさん、またその手かよ」です。

今朝、Office2010のエクセルが動かないパソコンが数台あって、困っているという連絡がありました。

これは、1/2の新年に行われたMicrosoft Excel 2010 用の更新プログラム 4461627 が原因のようです。

この解決のためには、KB4461627の、[アンインストール] のようです。

support.microsoft.com/ja-jp/help/4461627/january-2-2019-update-for-excel-2010-kb4461627

この更新プログラムをインストールした後、Microsoft Excel または他のアプリケーションで問題が生じることがあります。この問題を解決するには、「関連情報」セクションの指示に従って、更新プログラムをアンインストールします。この更新プログラムが利用可能ではありません。

これから1年の間にパソコン界には、次の3点セットの問題が起きますよ、といろいろなところで話をしています。

  1. 5月の元号の変更
  2. 消費税の税率変更
  3. Windows7のサポート終了

マイクロソフト社としては、Windows7のサポート終了と一緒にOfficeの買い換えを促したいのだと思います。

今回、仕事始めにエクセルが使えないとどうなるか、というと、エクセルの古いバージョンを使用しているユーザーは、「困って」しまい、Windows7の終了とあわせてOfficeも最新版に買い換えないと考えたと思います。

わざと「困らせて」新しい製品を買わせる。

いつものマイクロソフト社の手口だ、というのが私のまわりでのひそひそ話で囁かれていることです。

なぜ、そんな邪推をするのか、というと次の一文からです。

このの資料は、2019 年 1 月 2 日にリリースされた Microsoft Excel 2010 用の更新プログラム 4461627 について説明します。

Microsoft インストーラー (.msi) に、Microsoft ダウンロード センターから更新プログラムを適用することに注意してください-ベースの Office 2010 のエディションです。Microsoft Office 365 ホームなど、Office 2010 のクイック実行のエディションには適用されません

つまり、狙い撃ちにしたのは、Office2010を使用しているユーザーで、最新版のユーザーは、困らせていないのです。

仕事始めに見積書や請求書を作成しようとしていた会社の担当者は、今日は、本当にたいへんだったと思います。

上記の3点セットのことを念頭において、この1年間、パソコン関係の方針や対策を検討しておいた方がいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする