東大理IIIに子ども4人合格の佐藤ママときょ うこ先生が共通指摘 「式が書けない子は伸び ない」〈AERA〉

Snagit1_6.png

news.yahoo.co.jp/articles/e31f09b14b856c6048702b4cbe8cbe430e03e92f?page=1

佐藤:塾の先生は教えるのはプロかもしれないけれど、一人ひとりの面倒はみてくれない。やはりそこは親がやらないと。塾という魔法の箱に入れればポーンと賢い子が出てくるなんて思ってはダメです(笑)。

安浪:そうですね。塾はテストがあるし、宿題も出してくれるけど、ノートの書き方とかスケジュールの立て方は教えてくれないし、どこにつまづいているのかも教えてくれない。塾にそこまで求めちゃダメですね。

佐藤:そうです。たとえば、子どもが勉強をやりたがらなかったら、ただ「やりなさい」と言うだけでなく、なぜやりたくないのか、その理由を探るべきす。そうすると、たいていは「わからないからやりたくない」という事実につきあたります。それを見てあげられるのは親しかいないでしょう。

※佐藤亮子さんと安浪京子さんの共著『親がやるべき受験サポート』(朝日新聞出版刊)では、さらにお二人のワザがたくさん紹介されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする