Android版「Google 日本語入力」、本日でサポート終了。利用者は急いで乗り換えを

internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1315451.html

日本語入力アプリ「Google 日本語入力」のAndroid版が、本日2021年3月31日をもってサポートを終了する。 Android版のGoogle 日本語入力は、先行してリリースされていたPC版に次いで2011年にベータ版がリリースされ、その後2013年に正式版となってからは、Androidスマホの標準IMEとして広く用いられていた。しかし単体でのサポートは徐々に縮小、2020年夏ごろからは同じくGoogle製の「Gboard」に統合されることがアナウンスされ、近い将来のサポート終了が見込まれていた。使い勝手は両者とも基本的に同一で、乗り換えても大きな戸惑いはないはずだが、放っておいて自動的に移行されるわけではないので、Androidユーザーで現在もGoogle 日本語入力を使い続けている人は、サポート終了となるこのタイミングで乗り換えたほうがよいだろう。なお、対象となっているのはAndroidアプリのみで、PC版およびMac版のGoogle 日本語入力については、特に変更はないようだ。 Google 日本語入力(Google Play) play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.inputmethod.japanese&hl=ja Gboard – Google キーボード(Google Play) play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.inputmethod.latin&hl=ja Google 日本語入力(Google) www.google.co.jp/ime/ Android版「Google 日本語入力」が「Gboard」に吸収される? いち早く引っ越す人が続出中(やじうまWatch) internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1271211.html 【追記 13:05】 Gboardへの乗り換えで気になる点を解説する記事を「PC Watch」で掲載した。GboardのQWERTYキーボード利用時に「長押しで記号表示」ができるようにするための設定変更方法などを紹介している。 Android用「Google日本語入力」がサポート終了。Gboardへの乗り換えで気になる点を解説(PC Watch) pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1315547.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする