女性はいつまでたっても女性>森氏が発言「女性 と言うには年」 知人秘書、また蔑視批判も

Snagit1_71.png

news.yahoo.co.jp/articles/af263003cbcd3ef2d09b867d00e35608c6da0eaa

衆院議員会館の河村氏事務所にいるベテラン女性秘書に触れ「河村さんの部屋に大変なおばちゃんがいる。女性と言うには、あまりにもお年だ」と述べた。

いやいや、その気持ちわからないではないのですが、でも、違うんですよね。

私が90歳の母の介護をしているときにわかったのは、女性はいつまでたっても女性だ、ということ。

例えば、年をとったから、髪形なんて、どうでもいいじゃない、と思っていたのですが、そういう認識をしていた時期は、全く、母親の考えが理解できず、なんでも、否定、否定の毎日でした。

ところが、女性は、いつまでたっても、女性なんだ、と母と接するようになってからは、うそのように会話がスムースになりました。

考えてみたら、腰を痛めて、これから一生歩くことはできない、と私もお医者さんも諦めていたときに、イケメンの理学療法士さんのリハビリを受けたその日に、なんと、車椅子からすっと立ち上がっている母の姿をみたときに、それはもう、天地がひっくりかえる位驚いたことがありました。

80歳を超えても、イケメンが好きなんだなぁ、イケメンの前では、かっこ悪い姿は見せたくないんだなぁ、ということなんですよね。

おかげで、以来、トイレには、自分の足で行けるようになり、本当にイケメン先生に感謝しています。

年齢を重ねても、中身は、若いときのままですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする