台風の避難のときに私もを怖さを感じた>「“若 いから仕方ないね”と助けてくれなかった」メデ ィアが取り上げてこなかった『避難所での性暴力 』

Snagit1_56.png

news.yahoo.co.jp/articles/02b3433225f2bfd9a4fdadfe8d9ce612ead03fbc?page=1

2019年の10月に関東を襲った台風のときに、介護中の母と一緒に、はじめて避難所の体育館で一晩過ごした。

確かに、体育館が夜になって、暗くなったときに、一人で避難していた女性に気づいて、これは、危ない、と思い、万が一のことを考えて、壁によりかかって、寝ないで夜を明かしました。

あと、母親をトイレに連れていったときに、多機能トイレを使ってもらおうとしたのですが、万が一、中で倒れて動けなくなると困るので、職員の人に万が一の
ときに外から開けられるのか、と聞いたら、セキュリティの問題から鍵がない、という。

ふざけるな、と思ったものの、突然の台風で職員を責めるのもいかがなものか、と普通の女性用のトイレを使いましたが、この会話も、このタイトルの関係で大
問題でしょ。

というのは、多機能トイレに連れ込まれて、大声を出しても、外から助けに入れないんですよ。

ちなみに、あとで職員から、トイレの鍵ありました、と聞きましたが、これは盲点になりますので、どうか、鍵の場所は、確認しておいてくださいね。

とにかく、避難所を利用せざるを得ないときは、信頼できる人、家族などを見つけて、その近くにいた方がいいですよ。

あと、トイレなど行くときは、迷惑だと思わずに、声をかけあっていくのがいいです。

くれぐれも、用心を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする