”かけた情けは水に流せ、受けた恩は石に刻め” >尾畠春夫さん復興「まだ半歩」60時間か け南三陸町

Snagit1_46.png

news.yahoo.co.jp/articles/ab1ba6b458273906a0163aa90c8bdc6a02587b10

佐藤町長は「涙もろくて情に厚い、いい人。ああいう人がいてくれると頼りになる」と話した。追悼式後も写真撮影に応じ、その度に「1+1は」「2」と元気な声を出して、触れあった住民たちの震災の悲しみを晴らしていた。

本物、こういう人を目指したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする