iphoneで使用しているLINEをipadでも使えるように設定しました

今日のテーマは「ipad版のLINEを使えるようにする」です。

会社で建築現場の写真のやり取りをiphoneのLINEを使って行っている、ということを聞いて、社内のパソコンでLINEができた方が便利でと思いますよ、と話したところ「ぇ? LINEをパソコンでできるの?」と驚いていました。

そこで、早速、パソコン版のLINEをインストールして、固定電話を使っての認証でLINEを使えるようにしました。

では、いつもiphoneと一緒に持ち歩いているipadでiphoneのアカウントでLINEができるか?

それが、今回のテーマの内容です。

まず、前提として、旧iPhoneで使っているLINEを新iPhoneでも使いたい場合は、移行しなければならないため、古い方でLINEが使えなくなってしまいます。

ところが、不思議なことに、iPhoneとiPadの組み合わせの場合は、両方同時に同じアカウント(ID)で使うことが可能なんですね。

ぞれから、今回、自分で実際に設定してわかったんですが、iPad版のLINEってiPhone版と並行して同時に使えるんですね。

試しに、ipadで隣の部屋にいる家族にLINEでメッセージを送ると、iphoneの方も同じ画面が表示されているので、びっくりしました。

確か、ipadで利用しているときは、iphoneの方は使えなくなる、と思っていましたが、 そうではないみたいです。

さて、iphoneでLINEを使っている場合に、ipadでもLINEを使えるようにする方法は、いたって簡単ですので、是非お試し下さい。

  1. ipad版のLINEをインストールして、表示された画面の「QRコードでのログイン」をクリックします
  2. iPad版LINEの画面にQRコードが表示されます
  3. これをiphoneの方のLINEの友だち追加から、iPadに表示されているQRコードを読み込めばOKです。

最後に「トーク履歴」と「ともだちリスト」についての注意点です。

  • iphoneの「友だち」」と「グループ」は、ipadの方に移行(というかコピー)されていました。
  • iphoneの方の「トーク履歴」は、iphoneの方にはそのまま残っていましたが、ipadの方には移行されませんでした。
    ipad版のLINEを使い始めた以降のトーク履歴は両方に記録されていきました。

最後に、iPadのLINEでログインすると、パソコンで利用したときと同様にiPhoneに「ipadでログインしました」という通知が表示されます。

iphoneやAndroidといったスマホでLINEをしている人が多いと思いますが、自宅で使用する場合や小さいと見えにくい、という場合には、ipadでできるLINEは、とても重宝します。

ipadをもっているユーザーの方には、お薦めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする