中国製品はすごい>2020年4〜12月 通期で法人向けPC市場でトップシェア――レ ノボ・ジャパン躍進の原動力とは? 2021年 はどう戦う?

Snagit1_36.png

news.yahoo.co.jp/articles/e58b0371b531ab24114cc6045019492609cf0601?page=1

好き、嫌いは別にして、中国製のパソコン関連の製品は、確かにいい。

パソコン本体について、最近も、世界的メーカーの担当者と電話で何度も話したが、がっかりすることばかりだった。

コスパを考えて、ネットワーク製品を中国製で試したら、製品自体は、本当にお薦めで、これが、軍事関係でもそうなら、アメリカもヨーロッパ諸国も、中国に勝てない、と思ってしまいます。

もし、人間的な質、人材が育ったら、世界地図は塗り替えられてしまう、というように感じます。

Lenovoは、NECのPC事業をルーツに持つNECパーソナルコンピュータ(NECPC)と、富士通のPC事業をルーツに持つ富士通クライアントコンピューティング(FCCL)も傘下に持つ。

これは、本当にびっくりで、きちんと情報はもっていないといけない、と痛感しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする