いい記事です>来店客ほぼゼロからの脱却 和菓 子店3代目の「無理がない」経営改善

Snagit1_28.png

smbiz.asahi.com/article/14172577

 城下町として栄えた三重県伊賀市の和菓子店「くらさか風月堂」の3代目・倉阪浩充さん(48)は、かつては来店客がほぼおらず、一時は廃業も覚悟した家業を、売り切れ続出の人気店に変えました。内向きの経営を顧客視点に変えつつ、無理のない経営改善が実を結びました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする