死んだら終わり>芋洗坂係長さん 睡眠時無呼吸 で命の危険 バイク運転中に…痩せられず、医師 は「太く短い人生でよろしいですね」

Snagit1_82.png

news.yahoo.co.jp/articles/b696fc69dd8658cb7c776eb9082aaf18ae073c0e

昨年亡くなった親友に似ている。

私も、シッパップしていますが、睡眠時無呼吸症候群というのは、夜中中、知らないうちに、プールの中を潜水で潜っている行動を一晩中繰り返している、とい
うイメージです。

睡眠時無呼吸症候群の患者の睡眠中の映像を見たことありますが、毎回、命懸けで睡眠している、と思い、恐ろしくなりました。

ただ、睡眠時無呼吸症候群は、自分の意思では、どうしようもありません。

痩せた人も、睡眠時無呼吸症候群はある、ということは、睡眠時無呼吸症候群の歴史を知るとわかります。

命をかけて太る、それが、芸のためなら、それは方向転換すべきだと思います。

それは、いい訳ですよ。

この方は、作戦次第で、やせても成功すると思いますもの。

参考事例(かな?)

毛むくじゃらの「野良羊」を保護、刈り取った毛は35キロ
www.afpbb.com/articles/-/3333584?pid=23111794

巨大な毛の塊からこざっぱりとした姿になったバーラックの大変身は、動画投稿アプリ「ティックトック(TikTok)」で数百万回再生されており、新たなスターが誕生したのは間違いないようだ。(c)AFP

どうか、身体、くれぐれも大事に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする