やっと理解できた>ナチによるユダヤ人の大量虐 殺=中国によるウイグル人「ジェノサイド」、カ ナダ下院が認定

Snagit1_74.png

news.yahoo.co.jp/articles/0d8a103dc1a336cd781574f213421b342593a471

www.afpbb.com/articles/-/2421266

カタカナだとピンときませんが、大量虐殺、集団殺害と日本語にすると、ぎょっとして、理解できます。

中国は、今、ナチがユダヤ人に対しておこなった大量虐殺、集団殺害という犯罪行為を行っている、ということなんですね。

武漢コロナで、世界中の人の命と平穏な生活を奪っただけでなく、今現在も、こっそりとナチと同じ自分たちの利益のために残虐な行為を行っている、ということなんなんですね。

武士道の日本は、これからどうする???

,■集団殺害・迫害を国際法上の罪とした「ジェノサイド条約」

?ギリシャ語で「種族、民族」を意味する「genos(ジェノス)」と、「殺害」を意味するラテン語系の接尾辞「cide(サイド)」から成る「ジェノサイド(genocide)」という概念は、米国に亡命したユダヤ系ポーランド人ラファエル・レムキン(Raphael Lemkin)が1944年、ナチスドイツによるホロコースト(Holocaust、ユダヤ人大量虐殺)を告発する中で提唱した。

?この提唱が実を結び、1948年の国連総会で採択された「ジェノサイド条約」の下、国際人道法上の犯罪として認められるに至った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする