情報は世界中に筒抜け、という前提で考えた方が いい>マイナンバー、中国で流出か 長妻氏指摘 、年金機構は否定

Snagit1_62.png

news.yahoo.co.jp/articles/ba795b8198fd47aa25ca44f6824eacf2755dbd4c

スマホを指紋認証している人って多いですよね。

SNSで自分の顔を公開している人もたくさんいますよね。

これから、5Gの技術で、画像が高解像度(4k、8k)になって、世界中の監視カメラがますます増えていって、顔認証と指紋が紐付けされて、さらに、各社のポイントカードやマイナンバーカードが紐付けされますよね。

あとは、そのビッグデータを誰が管理するのか、誰が利用、活用、悪用できるのか、です。

今は、中国という国が、それができるようになって、怖い、ということを言われていますが、今までだって、すでにアメリカの企業は、このデータを持っていて、日々、その量は増え、質は向上しているはずです。

記録媒体で一番安全で確実なのは、実は、石なんだ、という話しをいうと、皆、嘲笑したり、ばかにしますが、今現在、セキュリティで一番安全なのは、ガラケー使用者だ、ということになってしまいます。

大きな企業は、今は、広告収入が大きいと思いますが、これからは、ビッグデータを販売する一番のお得意様が、国になって、それが、一番の収入源になっても、不思議ではないですよね。

翻ると、そもそも、そういう大きな企業が、国に代わって、世界をコントロールする、その企業が、アメリカなのか、中国なのか、それとも、両者を統合する巨大組織なのか・・・・。

こんな映画のような話しが、現実化しつつあるんだと思います。

今回のアメリカ大統領選で、このことを実感しました。

日本は、アナログのよさを残しつつも、デジタルの本当のプロと一致団結して頑張っていかねば、と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする