コロナではなく核だったら・・・・>あわや街が 消えていた、米国に2発の水素爆弾が降った夜

Snagit1_26.png

news.yahoo.co.jp/articles/a5760f1ebd97d9b0e9582afd57a8034579885a30?page=1

この記事のことは知りませんでしたが、水素爆弾を飛行機が積んで飛んでいて墜落、ということは当然あることですよね。

また、例えば、潜水艦に積んである核ミサイルが、何かの間違いで発射される可能性だって当然あるわけですよね。

今回のコロナは、そういう事故、あるいは、戦争が起きないための警告と考えると、禍転じて福となす、ではないですが、核軍縮、核廃絶をぜひともしてほしいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする