「麒麟がくる」“東庵”堺正章「こんな終わり方 がこれまであっただろうか?考えさせられる最終 回」

Snagit1_8.png 2021-02-01_23-27-57.png

news.yahoo.co.jp/articles/8cd483a023d6baad409d3940da46bd5c87fc4c63

春日局ゆかりの地、連携目指す 東京都文京区で像の移設・除幕式 兵庫の丹波市長ら参加
www.sankei.com/region/news/191026/rgn1910260023-n1.html

近くには、湯島天神があり、東京大学も目の前です。

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は、戦国時代の明智光秀が主人公ですが、春日局の父・斎藤利三は光秀の重臣です。

私は、春日通りから、この春日局の銅像の前を通るたび、光秀、家康、春日局、家光・・・・という名前が浮かんできます。

そういえば、信長>お市の方>3人娘(姫)>豊臣+徳川+天皇家

この流れもすごいですよね。

個人的には秀吉の奥さんの「ねね」さんが陰の立役者だと思っていて、ファンなんですが・・・・。

戦国時代から太平の時代になって、よかった、と思います。

日本人はすごいです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする