我が家はカミさんのおかげかな>台湾では生理用 品は父親が買ってくる!理由は…驚く、日本人マ マ

Snagit1_66.png

news.yahoo.co.jp/articles/bb74aac217a2f4e1063ba7d4d3fbaf4cf87ffa3b

生理用品を買ってくるのは父親!?

我が家ではカミさんが、一人娘のお風呂担当を、生まれたときから父親である私にしてくれました。

毎日、ほぼ欠かさず一緒にお風呂に入っていたので、小学校の4年までは、自然にお風呂でいろいろな会話ができました。

最初のあのときも、トイレからヘルプミー、パパ、と、呼ばれたのは、ママではなく、私でした。

それが、自然で当たり前の会話でした。

さすがに、そのときは、ママに行ってもらいましたが、今だに、毎月のその日は、風邪をひいた、とかと同じ感じで、普通のこととして会話しています。

ただ、女性用のいろいろは、私が購入すると、きっと店の店員に変態オヤジと思われると困るので、買ったことはないですし、お風呂の話しや、家庭内のこういう会話も理解できない人もいるので、人を見て話しをします。

思えば、こういう家庭の普通の会話や雰囲気を作ってくれたのは、カミさんのおかげだと、感謝しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする