仕事先の社長は、自分にも厳しいですよ>緊急事 態下、与党に緩み 夜の銀座「罰金もの」 野党 批判

Snagit1_61.png

news.yahoo.co.jp/articles/3ad4503a1e634826080506ba0fe117a5ede07428

長くお付き合いのある銀座の近くの会社の社長さん、コロナは本当にいやだ、とぼやいているので、仕事たいへんですか、と聞いたところ、いやいや、仕事じゃなくて、社員も私も、酒にも飲みにいけなくて、という返事でした。
さすがだなぁ、と思いました。

選挙で選ばれた議員さん、なかなか表に出てきませんが、性善説で、きっと、影で、寝る間も惜しんで国民、選挙民のために仕事をしてくれている、と信じている、いえ、信じたいのですが、こういう記事があると、まさか、いや、やっぱり
な、と思ってしまいます。

で、いつも、こういう議員を選んだのは、選挙民、つまり、私たちなので、最終的な責任は、私たちにある、という言い方をされる。

これって、おかしくないですか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする