和歌山の人は情にあつく素敵な土地柄です>南紀 白浜空港が見違えるほど変わった決定要因

Snagit1_39.png

news.yahoo.co.jp/articles/ad07f3d19ba798002f05a52d343bf87ec9a2d9d6?page=1

学生時代の夏合宿を和歌山県の田辺で行いました。

部費を節約して、帰りは異例といえる飛行機を使いました。

早めに南紀白浜空港に着いて、後輩が持ち歩いている大きな荷物を
空港に預かってもらえないかと交渉したところ、もちろんだめでした。

それでも、窓口で粘っていたら、その騒ぎをききつけて、
ドアから、男性が腕まくりしながら出てきました。

思わずしり込みしたところに、その男性、窓口の担当者に
「私が責任をもって預かるので、手伝ってあげて」と言うではありませんか。

今思うと、その男性が出てきた部屋は、空港トップの人の
部屋だったように思います。

夏合宿の期間は、無茶で礼儀知らずの大学生に対して、
どの人も、例外なく本当に親切にしてくれました。

他の合宿地は、正直、観光化されていて、何でも、
お金、お金でしたが、貧乏学生に心で接してくれた
和歌山県、和歌山県の人、本当に大好きです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする