誰の懐が潤うのか考えればわかる>持続化給付金 ・家賃支援給付金 申請延長へ 来月15 日まで

Snagit1_29.png

news.yahoo.co.jp/articles/623856ee9cbe071b63f1f4b2734046758a057df2

昨年の給付金について必要な人は既に手続きをすまして完了してるはずです。

と言う事は、今回延長して誰の懐にお金が入るか?
それは、この給付金の事務局など、申請に携わる人々、あるいは業者、事業所です。

これからのこの1ヵ月で、延長した給付金の手続きのために、一体いくらの経費がかかるのか、野党の議員さんなどは、この点をぜひ明らかにしてもらいたい。

やはり、天下り先とか、利権など、本来の志とは違ったドロドロしたもののために、本来救済されなければいけない人たちは、救済されない。

コロナをチャンスとして、儲ける人がいても構わないと思う。

しかし、それはあくまでも、国民が助かり、喜び、その結果としてならば構わないと思うが、自分たちの利益を1番に優先すると言う考え方は、国を滅ぼしますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする