100円ショップ=中国製は上手な使い分けが必要> 「安すぎるタイヤチェーン」の落とし穴 ネ ットに溢れる粗悪品の実態 日本メーカー苦 慮

Snagit1_20.png

news.yahoo.co.jp/articles/5fc82214540bc640fe21376f6691b1d18dad664d

100円ショップ=中国製は上手な使い分けが必要

具体的には、生命、健康にかかわるものは、中国製は避けること。

100円ショップの「安全ピン」のピンは、針金ですよ。

少し力を加えただけで、針がとびだしでしまいます。

枕にタオルを巻いて、中国製の「安全ピン」でとめたところ、危うく、飛び出し
ていた針で失明するところでした。

椅子のカバーにタオルを巻いて、中国製の「安全ピン」でとめたところ、飛び出
していた針で太股ぶっさしました。

乳児のオシメを中国製の「安全ピン」でとめたところ、飛び出していた針で太股ぶっさし
て大変だったというお母さんの体験談も聞きました。

「タイヤチェーン」は、命にかかわる道具なので、安いからという理由で買ってはいけません。

このコメントの方の意見に納得してしまいました。

チェーンが絡んで道を塞いでいたり、雪道の準備不足でスタックして周りの他人に助けを求める人っていますよね。災害だとか、けが人や病人がいないなら私は助けないし手伝いません。
牽引ロープやスコップをもっていても貸したりしません。
押すときにスリップして転んで骨折した人を知っています。誰も賠償してくれません。
凹んだだの傷付けただのと態度を豹変するクソみたいなヤカラもいます。
そういう連中に関わるとロクなことがないですよ。JAFやロードサービスを呼べばいーんじゃないのと冷たく言い放ってその場を去ります。
でもそういう連中ってJAFやロードサービス付帯の保険にそもそも入ってないんですよね。.
ようするに金をかけずにその場をしのぎたい連中なんですよ。
だからこそ「そういう連中」なのです。関わるとロクなことないです。
言葉が酷いですか? 
酷かろうがなんだろうが事実ですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする