菅首相の「1ヵ月後に必ず改善」発言に「根 拠は何?」の声

Snagit1_11.png

news.yahoo.co.jp/articles/7b92a5dde98a7c6ed8bf67d054fae2ac52e6ad11

政治家やオリンピック関係者が、オリンピックを開催する、という発言を聞くときに、実は、すでにワクチンが開発されていて、ある時期にそのワクチンを打って、コロナが終息する、という隠し玉をもっている、というなら、納得します。

今わかっている未来図は、

1)やっぱり、コロナは終息しなくて、オリンピックは中止する

2)奇跡がおきて、コロテは終息して、オリピックを開催できて成功する。

今年7月の段階で、コロナが終息できていなかった場合、オリンピック中止の決定は、正しかった、よかった、となります。

これに対して、今年7月の段階で、コロナが終息できていた場合、オリンピックを中止したことについて、誰も批判しないと思いますよ。

だって、今の段階では、-それはやむを得ないことだったからです。

つまり、今の段階でオリンピックの中止を決めても、誰も中止したことを責めないということです。

これに対して、オリンピックを開催すると言うことで、、中止を決めないまま7月の段階でコロナが収束できなかった場合、オリンピックを開催すると断言している人は、一体どういう責任を取るのでしょうか。

誰も予想できなかったことなのだから、責任はない、というのでしょうか・・・・。

もしオリンピックが奇跡的にコロナが終息して開催され大成功に終わったとしたら、今の段階でオリンピックを開催すると言った人は、政治家は、先見性があって、流石素晴らしいと賞賛を受けるのでしょうか。

そんな博打のようなことを、やって構わないのでしょうか。

今の段階でそれでもオリンピックを開催するんだと言う人は、開催できなかった時に、自らの言葉に責任を取ると言うことを明言していただきたい。

そのような覚悟を持っていないのであれば、中止を決めて、コロナ退治に集中す
べきではないか、と思っています。

それで、コロナ退治が大成功して、こんなことなら、オリッピックの中止など決めなければよかった、となるならば、喜ばしいことじゃないですか。

コロナ退治の隠し玉があるなら、とっとと出して欲しい・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする