「掃除機」はあくまで最終手段…「喉にモチを詰 まらせた時」の正しい対処法

Snagit1_5.png

news.yahoo.co.jp/articles/5be5cefbe298a8282a07abc12bb09d149e2a078d?page=1

約3割近くが1月に発生

写真:現代ビジネス

 年末年始、コロナの感染拡大によって忘年会や新年会も中止になり、人の多い場所にも行かずに、自宅でゆっくり過ごされた方も多いだろう。

【写真】死ぬより苦しい「肺炎」のすべて…冬場のいまが一番危ない

 しかし新しい年を迎え、1月になると突然増える家庭内での事故が「餅による窒息事故」。「巣ごもり需要」などによって餅の売上も増加しているようだが、もしも家族が目の前で餅を詰まらせたら? 
 厚生労働省の人口動態調査資料によると、食物などを原因とする家庭内での窒息による、65才以上の年間の死亡事故は毎年平均4000人以上を数える。

 そしてその事故を救急搬送者数で見ると約3割近くが1月に発生している。これは日本人が正月に餅を食べる習慣があり、高齢になると唾液が減ったり、噛む能力や喉の筋力が衰えたりするため「嚥下力(物を飲み込む能力)」が急速に落ちることが要因として考えられる。

 実は人の物を飲み込む能力は中年世代から低下する傾向がある。食べ物がよく誤って気管に入ってしまい、むせるような経験がある人はすでに嚥下障害の可能性があり、肺に異物が入り込むことによって発生する重篤な「誤嚥性肺炎」になりやすいとも言われている。

 決して、自分が若いからと安心しない方が良い。とはいえ、高齢者の餅に対する危険のほうが極めて高く、帰省もままならない昨今では、故郷に残した親世代へも注意喚起をしておかなければいけないだろう。
「背部叩打法」と「ハイムリック法」

チョークサイン/photo by iStock

 さて目の前で喉に餅を詰まらせて、苦しんでいる人がいたらどうしたら良いだろうか。まずは最初に日本医師会が推奨する基本的な方法を紹介したい。

 声も出せずに餅が喉に詰まって苦しんでいるということは、食道ではなく、気道を塞いでしまっているということ。食道の詰まりであればすぐに生死に関わることではなく、飲み物で流し込むことでも解消できる。まずはすぐに、当人が正常に息が出来ているかどうか確認してみよう。

 気道に物が詰まっている場合には激しく咳き込み、顔が赤紫色になるようなことであれば事は急を要する。そのまま状況が改善しなければ、まもなく意識を失い死に至ることになる。異物除去の応急処置を行わなければならないが、ためらわずに、すぐ救急車を呼んでおこう。

 応急処置が功を奏すれば良いが、呼吸が止まり、脳に酸素が送られなくなると数分で心停止が起き、そのまま絶命するか、仮に心拍が戻っても脳に大きなダメージが残ってしまう可能性がある。

 その場合はAEDなどで心肺蘇生や心臓マッサージを行う必要があるが、ここではまず異物の除去に関してお伝えしたい。

 気道に物を詰まらせた人は、まず喉を両手で抑えるような仕草(チョークサイン)をし始める。

 まだ意識がある場合は、まずは「咳をして!」と声をかけることだ。咳は気道からの異物排出に非常に効果的。それでも異物が排出されない場合は、まずうつむき加減にさせて肩甲骨の間を思い切り叩く「背部叩打法(はいぶこうだほう」を試してみる。

 それでも排出されない場合は、その人の後ろに回り込み、上腹部で両手を組んで上に突き上げることで異物を押し出す「ハイムリック法」を試みる。

 この「背部叩打法」と「ハイムリック法」を交互に繰り返す。

———-
※ハイムリック法は幼児や小さな子供には内蔵損傷の可能性があるので行ってはいけない。
———-

掃除機は「最後の手段」

photo by iStock

 また掃除機などで異物を吸い出す方法は、医師会のサイトでも「最後の手段」とされていて推奨はされていない。

 サッシのゴミを吸い込むような細いノズルが必要であることと、喉の奥に差し込む前にスイッチを入れると舌を吸い込んでしまったり、ノズルの先でかえって異物を中に押し込んでしまったりする事例が見られるからだ。

 しかし、生死の境目にある場合はそんなことも言ってはいられない。あらゆる手段を講じるべきだと考える人も多いだろう。あくまで購入や使用については自己責任にはなるが、ネット上には「吸引ノズル」として掃除機用に取り付けることのできる吸出し器具も販売されている。高齢者のいるお宅では事前に用意しておくというのも一案ではある。

 何よりも、餅による窒息死を避けるには「予防」が重要。基本的なことではあるが、高齢者が安全に食べるためには、「餅を一口で食べれるように小さく切って少しずつ食べること」、「喉にはりつかないようにお茶などの飲み物や、お吸い物などで喉を潤してから食べること」、「ゆっくりとよく噛んでたべること」が必要である。

 よく噛むことで唾液の分泌も活発になるため、スムーズに飲み込むことが可能になる。周囲の家族も見守りながら、よく噛んで食べているか確認することが大事なのだ。

 しかし、今年はコロナの影響で親類が一同に集まる機会は激減していることだろう。

 毎年、孫や子供たちが正月に集まることを楽しみにしている両親たちが、一人寂しく餅を食べてしまい、喉に詰まってしまう事故に遭うことだけは避けなくてはいけない。少なくとも電話で声掛けをして、餅のリスクと事故の予防に関することだけは伝えておく必要がある。

和田 隆昌(災害危機管理アドバイザー)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする