頑張って、踏ん張ってください>年末年始の全国 一斉「GoToトラベル」停止 頑固者の菅首 相を目覚めさせた2つの出来事

Snagit1_33.png

article.yahoo.co.jp/detail/2013998b4030c59e780ef5922b14131f456a801b

菅首相だけでなく、他の国会議員は、医療従事者の邪魔にならないように、現場に行って過酷な状況を確認しているのでしょうかあるいは go to travel の宿泊施設など現場がどうなっているかなどを直接確認しているのでしょうか。

私も、例えば、学校などで授業が終わった後に毎日机や椅子の消毒をしている学校の先生方の姿を見て、頭が下がる思いをしています。

やはり現場を見ないと本当のことがわかりません

「春から命の危険をさらし、働き詰めの医療従事者が聞いたらどう思う
か」

などと大ヒンシュクを買っていた。

それもあってか、菅首相は12月14日13時過ぎ、東京・新宿の国立国際医療研究センター病院を視察。担当者から新型コロナウイルスへの対応の説明を受けた後、記者団の取材に応じた。ネット中継での「ガースーです」とニヤけた薄笑いと打って変わった神妙な顔つきで、こう述べたのだった。

「病院で働いている皆さんが自らの危険も省みず、患者のために戦っている姿に感銘を受けました。従業員の皆さんが働いていけるようしっかり支援していきたい。処遇も倍増します」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする