情報を全部整理しての判断が必要>女性宮家創設 なら「眞子様と圭殿下の子」が天皇候補の可能性 ──NEWSポストセブン2020年社会部 門2位

Snagit1_22.png

news.yahoo.co.jp/articles/d375e205de58987a67603964ec50afcbc2bc34b7?page=1

何かを判断する際には、いい情報もよくない情報も、全部出して、それをもとに、
判断するようにしないといけないと思います。

学生の頃、民法の相続の授業で、飛行機事故の話しがあったときに、事故後に生
存者がいた場合の事例の話しがありました。

子供の頃は、事故が起きたときは、ただ、遺族の悲しみはいかばかりか・・・と
いうこと位しか思いませんでしたが、その時の授業で、例えば、親子のどちらが
先に亡くなったかで、相続関係が、全く異なる、ということを知ってから、物事
の見方が、全く違ってきました。

そして、そういう場合に、いろいろな議論の背景が理解できて、納得できるようになりました。

今回の記事も、その通りで、一時金をもらうのがけしからん、という感情論もわかりますが、例えば、将来、ここで指摘しているように、「眞子様と圭殿下の子」が天皇
となった日のことを考えて、それでもいい、と考えるか、それはよくない、と考えるか、というのが一つのポイントだと思います。

自分が、どちらかの親だったら、自分がどちらかの立場だったら、といろいろ考えたときに、人の価値観で、結論も違ってくると思います。

個人的には、それぞれの立場だったときの自分の結論は決まっているのですが、絶対にあって欲しくないのは、お二人が結婚して、旦那が浮気して、家庭崩壊という図式です。

100年、200年後の日本史の教科書に、歴代の天皇の話しがあって、令和の時代のあとに、皇室に自由と平等の新しい風を吹き込んだ天皇一家、というような項目があったときに、どうなんでしょうね。

トランプ大統領の選挙の件とこの問題は、本当に見えないですね・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする