Windows10で親指シフトを快適に使うのにJapanist 10 を買って正解でした

Windows10 Japanist10Windowsで親指シフトを使うのに、富士通で出しているJapanist 2003を愛用しています。

Windows7、Windows8、Windows10にも対応している、ということで、今回、Windows10でも使ってみることにしました。

ところが、どうも、不安定でイライラ感が増してしまいました。

親指シフトを快適に使えないと、仕事の効率も下がってしまうので、今回は、Japanist 10 を購入することにしました。

結論からすると、今まで格納しても、デスクトップ上に浮遊していたJapanist 2003の言語バーが、タスクバーで表示されるようになりました。

入力も、間違いなくスムースになって、買ってよかった、と思いました。

ところが、一つ困ったことがおきました。

それは、句読点の「、」が入力できないのです。

句読点の「、」を押しても、反応がありません。

そこで、あれやこれや、設定を変更したところ、今までのようにうまく親指シフトを使えるようになりました。

Windows10での親指シフト

私は、FKB8576-661 というUSBの親指シフトのキーボードを使用しています。

そこで、「キーボード指定」を「FKB8576-661」にして、「USB親指シフトキーボードの接続/切断を自動判定する」にチェックを入れていました。

これを、「キーボード指定」を「106/109日本語キーボード」にして、快速親指シフトを使用する、にチェックを入れて、「USB親指シフトキーボードの接続/切断を自動判定する」のチェックをはずしました。

つまり、キーボードを親指シフトを使っているのに、使っていない設定にしてみました。

そうしたところ、無事、「、」が表示されるようになりました。

Windows10で、親指シフトを快適に使えるようになって、よかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする