ぺんてる公式、毛先がぼさぼさになった古い筆ペ ンを復活させる方法を伝授 「黙っていれば新し いのが売れたのに」とその姿勢に感謝の声

Snagit1_7.png

news.yahoo.co.jp/articles/24fb40fa051c0443d8433a342eeb961e4cd08de7

 

ぺんてる公式は自社の公式Twitterアカウントで新しい筆ペンを購入する前
に、以前購入した筆ペンを確認し、例えば毛先がぼさぼさになっていても場合に
よっては復活させることができると紹介しています。

【画像】ぺんてる推し

 「12月は1年で最も筆ペンが売れるシーズン」と前置きし、これから筆ペンを新しく購入する機会も多いだろうと推測したうえで、ナイロン毛の「ぺんてる筆」なら、60〜80度のお湯に浸せば元通りになると説明。

 同じナイロン毛を使用する水を入れて使う筆ペン「水筆(みずふで)」でも、同様に60〜70度のお湯で元通りに復活するとツイートし、多くの反響がありました。

 特に最も筆ペンが売れる時期にもかかわらず、もったいないを呼びかける姿勢には「黙ってれば、新しく売れるものを…」「消費者の為を思った情報提供をしてくださるぺんてるさん」と評価する声があがっていました。

朱色の筆ペンは、40年以上も私の必須アイテムです。

メーカーさんのこういう姿勢が、知らずに長年のファンになっている理由なんで
しょうね。
嬉しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする