まだまだ揉める米大統領選、トランプは一体何を しようとしているのか

Snagit1_17.png

news.yahoo.co.jp/articles/63dd9bfe5e4cdceb6a05daf848ccfd5b9a89107c?page=1

先日も書きましたが、私自身も一見公平で正しく見える選挙や投票の制度で、不正の手口などに気がつき、怖さを感じています。

郵便により投票が行われたということのようですが、これ、もし、日本で採用されたら、必ず不正が行われると思います。

パソコンを使った投票も、管理者の思いのままに結果を左右できます。

今回のアメリカ大統領選挙、YouTubeなどで閲覧できる動画の内容が、仮に真実だとすると、このままトランプさんが負けることになったら、民主主義の根底が
くつがえってしまうと思います。

トランプさんの勝ち負けではなく、投票に不正があったのか、真実を結果を出す前に出すことができれば、世界の自由主義、民主主義陣営は、まだまだ大丈夫だ
と思いますが、仮に、不正の結果、トランプさんは勝っていたのに負けた、ということになったら、歴史的な汚点であり、一大事だと思います。

トランプさんの勝敗の問題ではなく、正義の問題として、ぜひとも真実を知りたい、と思っています。.

仮にですが、今回、トランブさんが勝つようなことがあったら、将来の歴史の教科書の2020年は、コロナと大統領選の記事ですごい年なんでしょうね。

いずれにしても、コロナ以上の悪いことが起きない世界であって欲しいと願っています。

具体的には、戦争や争いのない平和で皆が健康で平穏に暮らせる世の中を望んでいるだけなんですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする