ジョージ・クルーニー、友人14人に1億 円ずつ渡した理由

Snagit1_12.png

article.yahoo.co.jp/detail/2506de1589fef92f776dcf969e5cfc8868e5692d

「僕は文無しの時に彼らのソファで眠り、金も貸してもらった。長年僕が助けを必要としていた時に手を差し伸べてくれたんだ。僕も長年彼らを助けてきたよ。僕らは良い友人同士さ。そして、彼らがいなければ今の僕はないと思ったんだ。僕達はとても仲が良くてね。だから、もし僕がバスにはねられたら、彼ら全ての名前が遺書に記してある。でも、どうしてバスにはねられるまで、待たなきゃいけないんだってなったんだよ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする